クライアントの不妊
クライアントの不妊
ホーム > 不妊 > 妊娠初期の心配のない生理的な出血

妊娠初期の心配のない生理的な出血

 

妊娠中に出血があると、まずは心配になってしまいますね。

 

でも、全ての出血が心配なケースばかりではありません。もちろん少量の出血でも医師に相談したほうが安心ですが、必要以上に不安になる必要もないということです。

 

たとえば、妊娠初期には月経様出血がみられることがあります。これは受精卵が着床した後の予定月経の頃に起きる少量の出血で、生理的なものなので心配はありません。

 

また、妊娠中には血液量が増えて、粘膜もやわらかくなるので、ほんの少しの刺激で子宮膣部が出血することがあります。これはただれて「びらん」になることから起きるもので大抵は自然に治ってきます。

 

こうした生理的な出血も多いものなので、まずは冷静になって対処しましょう。

 

さらに妊娠中でまぎらわしいのは、子宮以外からの出血です。

 

例えば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍によって、尿や便に血が混ざることがあります。このような原因による血は黒っぽい色が特徴です。

 

つわりがひどいと、激しくもどしたりしますから潰瘍にもなりやすいかもしれません。上腹部の痛みも伴います。

 

さらに、妊娠中に多い便秘によって、痔になり、そこから出血することもあります。鮮やかな色の血が便に付着するのが特徴です。

 

膀胱炎によっても出血がみられます。尿が赤く染まるような状態があるなら、膀胱炎の疑いが大きいです。そこまでには至らず、痛みもない少量の出血は尿道のびらんによるものかもしれません。

一方で、お腹の張りや痛みが伴う出血の場合は注意が必要です。

 

いずれにしても、慌てることなく、かといって自己判断で対処するのではなく、念のために医師の診断を受けるようにしましょう。オリゴ糖 妊婦 おすすめ