クライアントの不妊
クライアントの不妊
ホーム > 糖尿病 > 糖尿病予防に食事の習慣を見直す

糖尿病予防に食事の習慣を見直す

糖尿病は、食事の習慣を見直して改善することが大いに治療に役立ちます。

もちろん糖尿病になっていない人でも、予防のために食事の習慣を見直しておくことは重要です。糖尿病の方のための食事について

気づいたら糖尿病患者になっていたとショックを受ける前に、自分の食生活を振り返ってみませんか?

 

糖尿病になる人は、糖分や油分を摂り過ぎている人と単純に思っている人が多いでしょう。

実際、血糖値が上がりやすい食べ物は、糖分を多く含んでいます。

意外に思う人もいるかもしれませんが、日本人のソウルフードである白米やうどんも高血糖に陥りやすい食品なのです。

糖尿病を予防するという意味では、全く食べずに我慢するというより少量に減らすなどの工夫をおすすめします。

食べない我慢でストレスをためてしまい、我慢の限界で暴飲暴食に至ってしまうケースもあるからです。

糖分の摂りすぎも、当然のことながら血糖値を上げる直接的な原因となります。

空腹時に、甘いお菓子などの糖分を多く含む食品を食べることも、急激な血糖値上昇につながります。

このように、糖尿病を予防するために避けておきたい食品や食べ方があります。

普段食べているものを見直して、糖尿病になりやすい食品は減らし、糖尿病を予防できるような食品を増やしてみる努力が必要です。

 

食事の習慣にも気をつけなければいけませんが、お酒を飲む習慣がある人も要注意です。

お酒は糖分が高いものが多く、液体のため吸収率が高いのがネックです。

毎日のように晩酌をしている人、つきあい酒が多い人など、お酒の量を減らすよう心がけるのが糖尿病予防につながります。