クライアントの不妊
クライアントの不妊
ホーム > 前立腺炎 > 慢性前立腺炎の痛み対策として行えること

慢性前立腺炎の痛み対策として行えること

前立腺マッサージを試みると前立腺の働きが良くなって、排尿を促します。

 

温熱療法は前立腺を温める療法で、前立腺の機能を向上させる働きを期待できます。

加えてのぼせない程度に時間をかけて入浴をして下半身を中心に温めることは、前立腺やその周囲に出た症状を緩和する効果が期待できます。慢性前立腺炎の主な原因は、長い時間を通して仕事や乗り物で座ったままでいる事や、過度な疲労・ストレス、飲酒や冷えなども関係しているのです。

 

 

 

単車や自転車に乗る事は、なるべく控えるのが無難です。適宜休憩をして、ストレスを貯めてしまわない事が大切と言えます。

さらに飲酒やタバコなど体の抵抗力を下げる事になる習慣は改善を試みてみましょう。

 

ここ数年、日本の男性の中で前立腺がんが急増した原因は欧米化による食生活の変化が大きく関係しているとみなされています。その為、食事内容に関しては癌細胞への栄養を促進する脂肪分の過剰摂取をしないことが肝心です。慢性前立腺炎では、下半身に様々な症状が出てきます。トイレの回数が頻繁になったり、残尿感を覚えたり、放尿の際の勢いが弱まったり、排尿の時に痛みや違和感を覚えたり、陰嚢部の不快感とか勃起障害があるなどは要注意です。ドクターショッピングに陥りる人が多い病気ですので、信頼する事が出来て親身に話を聞いてくれる医師を見つけることも重要になります。前立腺炎の治療法では特効薬がなく、細菌を特定することが出来れば抗生物質などが処方されます。

 

排尿の際に痛みが出る場合には、その痛みを鎮静させるために鎮痛剤や抗炎症薬などを用います。

 

再発させないためにも長い間つづけて薬を飲むことが必要です。その人の症状によっては、漢方薬やセルニルトンなどが処方されます。慢性前立腺炎の治療方法と治療期間を教えてほしい