クライアントの不妊
クライアントの不妊
ホーム > 行政書士 > 遺産相続関係を調べておくには?

遺産相続関係を調べておくには?

 

遺産の相続関係を調べるためには、各市町村役場で管理されている戸籍を調べる必要があります。

 

戸籍は結婚や離婚、移転や表示方法の変更などにより時間の経過と共に記載される情報が変わっていきます。

 

ですから一人の人の一生涯にわたる家族関係を調べるためには、以前の情報までさかのぼって調べていかなければなりません。

 

そこで遺言者自身の相続関係をはっきりさせるために、自分の出生時から死亡時までのすべての戸籍の情報を集める必要があります。

 

戸籍の情報は本籍地のあった市町村役場で戸籍謄本を取得することによって得ることができます。

 

戸籍謄本を取得する際は、戸籍の作成された時期や内容によって請求する戸籍の種類が異なってきますので注意が必要です。

 

主に以下の3通りの戸籍の種類があります。

 

・現在戸籍

現在の事項を記した戸籍です。

 

・除籍

戸籍に記載されるすべての人がその戸籍からいなくなれば除籍簿と

なります。転籍(本籍地を他へ移した場合)も以前の戸籍は除籍に

なります。

 

・改製原戸籍

法改正で戸籍の様式は変更されますが、その作り変えられるもと

となった戸籍のことです。

 

しかし、請求する際にはその役場にどんな種類の戸籍が何通あるのかということは分からないのが普通です。

 

そこで、請求する際に「手続で使用するので自分自身に関する戸籍でこの役場に存在するものをすべて請求したい」と伝えておきましょう。

 

そのように言っておくと、役場のほうで戸籍をさかのぼってそこに存在するすべての戸籍を調べてもらえることでしょう。

 

一ヶ所の役場で出生時までさかのぼれない場合は、以前に本籍地のあった他の市町村役場へ請求することになります。

 

請求先が遠方の場合は、郵便で請求し送ってもらうことができますので、事前に請求先の窓口に請求の方法を電話で尋ねておくと良いでしょう。

 

現在までの戸籍謄本がすべてそろったら、今度は家族関係などが実際の通りに正しく表示されているか確認してみましょう。まれなことですが、記載が誤ってなされていることもあるようです。その場合は職権による訂正を請求しなければなりません。

 

このようにして集めた戸籍謄本は公証役場で遺言書を作る場合や、相続手続が始まった場合にも用いられますので、大切に保管しておきましょう。宇土市の行政書士中西事務所