クライアントの不妊
クライアントの不妊
ホーム > アトピー > アトピー改善に馬油は役立つ?

アトピー改善に馬油は役立つ?

アトピー肌のスキンケアに適したものとして馬油があります。馬油は人間の皮脂に最も近い成分で、肌になじみがよく浸透力が高いのが特徴。手に取ると最初はべたつく感覚がありますが、肌に塗るとすぐに浸透してサラサラになります。

 

アトピー肌はセラミドを主成分とする細胞間脂質が少なく、肌が乾燥してバリア機能が低下した状態にあり、そのため外部からの刺激をブロックすることができずに炎症を起こしてしまいます。

 

馬セラミドが不足したセラミドの代わりに細胞間を満たすことにより、肌をしっとりとうるおった状態に保ち、バリア機能を向上させることができます。

 

馬油には抗炎症作用もあるので、炎症やかゆみを起こしたときに塗ると症状をやわらげてくれます。さらに抗酸化作用や抗菌作用もあるため、皮膚に入り込んだ細菌を囲い込んで活動を妨げ、活性酸素も除去して肌の修復・再生をサポートします。

 

つまり、すでに起きてしまった症状を抑えながら、肌のうるおいを高めて外部の刺激から守り、新たな肌細胞の生成を促すという3つの機能を同時に果たすことができるのです。

 

ただし人によっては肌に合わないこともあるので注意が必要です。病院ではワセリンを処方することが多いのはこのためです。大人のアトピーに悩む人が乳酸菌サプリメントを飲むべき理由